会員登録/修正
2018年 07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
休業日(土日祝祭日)は確認メール等のメール配信及び配送業務はお休みです。
2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

トップ > オーガニックワイン

オーガニックワイン

自然派ワインついて


スペインには事実上、化学残留物なしでワインを造ってきた伝統があります。


それは、凍てつくように寒い冬、非常に乾燥した暑い夏という大陸性気候の地域が多く、そこで生き残れるミルデューやボトリティスの菌類、そしてぶどうに付く毛虫などの類が非常に少ないので、栽培家は
最低限の予防対策をとるだけでよかったからでした。

20世紀後半になってほかの国々にだいぶ遅れてスペインにも化学肥料や殺虫剤が導入されましたが、
その時点でこれらの化学肥料や殺虫剤がかならずしも葡萄の品質のためには良くないことが認識されていました。

そのため使用する場合でも量は非常に低く抑えられています。

他方昔ながらの、そうとは気が付かないまま、
ほとんど有機栽培方法で葡萄を栽培している農家がスペインには多く存在しています。

この伝統的な栽培方法は、あまりのあたりまえのことだったので強調されることもなく、スペイン産オーガニックワインのことはこれまであまり知られていませんでした。

ビノ・エコロヒコとスペイン語で呼ばれるオーガニック・ワインはヨーロッパ連合の法に従い、国内では農水省内に設けられたCRAEが1980年代に定めた生産基準に大半の州が倣い、検査認証は17の自治州政府農業局のなかの有機農業委員会が行い、各州ごとに認証シールが発行されています。


またオーケストラワインショップでは、
フランスの自然派ワインも取り扱っております。

自然派 ぶどう

全29件

ページトップへ