会員登録/修正
2018年 08月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
休業日(土日祝祭日)は確認メール等のメール配信及び配送業務はお休みです。
2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
 

トップ > 白ワイン

白ワイン

白ワイン

白ワイン

スペインのワイン造りの歴史は3,000年を越え、スペインならではのバラエティに富んだ固有品種が、それぞれ個性豊かな産地で栽培されてきました。
そして近年、スペインを原産地に、あるいは限定された地域に古くから根付いてきた固有品種のなかで、その復活が注目され、あるいは品質が再評価されるようになったものが増えてきました。

白ワインは白ぶどうから作られます。 ぶどうの皮や種は取り除かれるため、果汁のフレッシュ感やフルーティさが楽しめます。
収穫したぶどうの糖度を調節することにより、甘口タイプや辛口タイプの白ワインとなります。
スペイン白ワイン ぶどう品種
■Albariño【アルバリーニョ】
スペインで最も高貴な白ワイン用品種と評され,DOリアス・バイシャスの全域で栽培、このDOワインの主要品種。
非常に香り高く、酸味も豊富。口あたりのよい、バランスのとれた辛口の白ワインとなる。


■Verdejo【ベルデホ】
主な栽培地はカスティーリャ・イ・レオン州のDOルエダ。
厳寒や猛暑、干ばつにも耐え、その土地への適応力が高い。ルエダのように夏冬や昼夜の寒暖差の大きな土地でこそ、この品種の果実味、アロマの豊かさが発揮される。フレッシュで芳香に富み、コクが強く、酸度にも恵まれたワインとなる。

■Macabeo / Viura【マカベオ / ビウラ】
若飲み用にも長期熟成にも耐えうる高級品種。特徴的には、豊かな芳香があり、また骨格をワインに与え、かすかな苦みが風味にある。産地によってかんきつ類の果実の香りや花の香りのあるものから、ミネラルな印象を与えるものまで幅がある。
カタルーニャ州では主にカバに使用され、リオハでは小樽発酵の白ワインとなる。


■Xarello【チャレッロ】
ぶどうは金色に近い黄色で、房が小さめで皮が厚い。果皮を口に含めば甘く、また酸度もある。単一で白ワインを造るとボディがしっかりしており、わずかに渋味を感じることもあるが、理想的なアルコール度数に達する。カバ主要品種のマカベオ、パレリャーダと共にブレンドすることで補完される。


■Parellada【パレリャーダ】
カタルーニャ地方に古くから根付いてきたこの地方の固有品種。
遅く熟す品種だが、収穫時の果皮はまだ緑色をし、酸度もしっかりしている。花の香りに富み、カバに優雅さや柔らかさを加える。単独でも白ワインが造られるようになってきた。やや熟したアロマを感じさせるが、ボディのしっかりした白ワインとなる。


■Moscatel【モスカテル】
房は長い円すい形で、粒が大きく、黄色がかった果皮は柔らかで、芳香豊か、みずみずしい果肉をもつ。マラガの酒精強化ワインのベースとして主に使われている。


■Palomino【パロミノ】
パロミノが最も真価を発揮するのはアンダルシア地方DOヘレスにおいてである。その土壌は石灰質(アルバリサ)を大量に含んでおり、シェリー酒の個性を造るための大切な要素となっている。
パロミノ種は成熟が早く、小粒でワインにビター・アーモンドのフレバーを与える。


■Pedro Ximénez【ペドロ・ヒメネス】
糖分が非常に多く、アンダルシア州のコルドバやマラガ地方でDOモンティーリャ・モリレスやDOマラガの甘いデザートワインの原料となる。ペドロ・ヒメネスはDOモンティーリャ・モリレスの全てのフィノ、アモンティリャードやヴィンテージワインの原料になる。


■Godello【ゴデーリョ】
ガリシア州のアルバリーニョ、トロンテス、トレイシャドゥラに比肩する高品級種で、香り高く、骨格がしっかりしていて、口中にかすかにフローラルなアロマが広がり、デリケートでスムーズな口あたりが特徴。非常に複雑な味わいでしなやかな飲み心地をもつ白ワインになる。


■Treixadura【トレイシャドゥラ】
アルバリーニョとの相性が大変良く、アルバリーニョほどグリセリンが多くない。この品種から造られたワインはかんきつ類のアロマがあり、パイナップルの香りを感じさせる。


■Loureira【ロウレイラ】
ガリシア州原産。ワインを滑らかにし、複雑さを与える品種といわれている。また、芳香豊かな品種であるが、アルバリーニョやトレイシャドゥラとのブレンドとして少量用いられることが多い。ローレル(ガリシア語でロウレイロ)を思わせる独特な風味によりこの名前がつけられた。



白ワイン 味わい
きりっと冷やした辛口のスッキリワインがお好みの方に
収穫したぶどうを残糖度が低くなるまで発酵させて作った辛口ワイン



すっきりとした辛口 辛口
飽きのこない飲みやすい白ワイン
ぶどうを収穫した時の糖度を少し残した作り方のワイン



ほんのりやや甘口 やや甘口
デザートワインとして、甘口がお好みの方におすすめ
収穫したぶどうの水分を蒸発させ糖分を上げて作られたワイン


とっても甘口 甘口

全75件

ページトップへ