会員登録/修正
2019年 11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日
2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
休業日(土日祝祭日)は確認メール等のメール配信及び配送業務はお休みです。
 

トップ > 国別で探す > スペイン > シェリーなどの産地南部地方 > カディス > フィンカ モンクロア > ティンティージャ・デ・ロタ [2016] フィンカ モンクロア 500ml (赤ワイン)【甘口】
赤ワイン > しっかりした果実味【フルボディ】 > ティンティージャ・デ・ロタ [2016] フィンカ モンクロア 500ml (赤ワイン)【甘口】
デザートワイン > ティンティージャ・デ・ロタ [2016] フィンカ モンクロア 500ml (赤ワイン)【甘口】
価格で探す > 赤ワイン > 10,000円以上 > ティンティージャ・デ・ロタ [2016] フィンカ モンクロア 500ml (赤ワイン)【甘口】


Finca Moncloa フィンカ モンクロア

忘れられ失われたアンダルシアのテロワールワインが復活
■“アンダルシアのテロワールワイン”を表現する品質の高いワインを生産


フィンカ モンクロアはシェリー・ティオペペで有名なゴンサレス・ビアス社による、 忘れられた伝統の復活を担うワイナリーです。
“アンダルシアのテロワールワイン”を表現する品質の高いワインを生産しています。

ゴンサレス・ビアス社はシェリーのみならずアンダルシアにおける赤ワインの生産においても草分け的な存在です。
“アンダルシアのテロワールワイン”を表現するゴンサレス・ビアス社のプロジェクトは1972年にスタートし、 土着品種・外来品種とその醸造の研究を続け、90年代に素晴らしい結果へつながったことからさらにプロジェクトを推進し、 2000年にフィンカ・モンクロアの名の下に満を持してアンダルシア産赤ワインをリリースすることになりました。

ワイナリーはスペイン本島の最南端カディス県の内陸部のアルコス・デ・ラ・フロンテラ近く (標高135m)に位置します。
「白い町ルート」の玄関口とされるアルコス・デ・ラ・フロンテラは、その壮大な景観で人気の観光地です。
この地では14世紀ごろから17世紀ごろまでは赤ワインが盛んに生産されていたと言います。

ゴンサレスファミリーはワインへの熱い情熱から、カディスの地で失われ忘れられたワインを復活させたのです。
この地では豊富な太陽熱によりぶどうは濃厚な凝縮感を持ち、熟成に適したタンニン、 強い香りを特徴とします。非常に乾燥した地中海性気候と、内陸部独特の寒暖の差から、 品質のよいぶどうを育てることができます。
45-50%粘土質、25-30%がごろごろとした岩で、25%は砂状という地質はヘレスの地質にも良く似ています。
42ヘクタールの自社畑にはカベルネソーヴィニヨン、シラー、テンプラニージョ、カベルネフラン、 メルロー、プティヴェルドー、そしてこの地域の土着品種である「忘れられた赤品種」ティンティージャ・デ・ロタが 植えられています。
栽培方法は太陽の光を最大限活用できる格子棚による栽培を適用しています。
収穫は品種ごとに手摘みで行われ、醸造するぶどうの品質を確かなものにするために畑の中で選定を行います。 この畑のトータルの生産量のうち、醸造のステップへ進むのはわずか5分の1のぶどうのみとなっています。

ティンティージャ・デ・ロタ [2016] フィンカ モンクロア 500ml (赤ワイン)【甘口】

商品コード : 500568
価格 : 11,000円(税込)
ポイント : 110
数量    残りあと5個
 

7,700円(税込)以上は送料無料

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
ティンテージャ・デ・ロタ
産地 スペイン
地域 Vino de la Tierra de C?diz.
ビノ デ ラ ティエラ カディス
生産者 フィンカ モンクロア(ゴンザレス・ビアス)
ぶどう品種 Tintilla de Rota 100%(別名・モナステル(モナストレル)、グラシアーノ、バスタルド)フランスではムールヴェードル、。バレンシア、ムルシア、カタルーニャ、リオハ、アラゴンでも使用。オーストラリアではマタロウ。米、カリフォルニアではXeres
他アルゼンチン、オレゴンにもある。
気候・土壌
平均樹齢
醸造・熟成 ブドウ樹で十分熟したブドウを使用して伝統的な方法で製造した甘口ワイン

手摘みで収穫後、エスパルトの上に房を広げ、甘みの完全なレベルになるまで数日、天日干しする。
その後ワイナリーにて除梗、破砕をして、マセレーション、アルコール度数 4〜5%になるまでプレス前に発酵させる。
プレスのち、10%にあたる量のワイン由来のスピリッツを添加して発酵止める
その後2〜3ヶ月低い温度で、ステンレスタンク保管し、ボトリング前18ヶ月間、フレンチオーク樽で熟成2017年9月ボトリング
味わい ティンテージャ ロタ 2016年は 深いチェリー色 ふちは濃厚な紫色でグラスにワインの脚が長く強く残る。
香りは熟成した黒い果実 バニラ、カカオ、わずかにフレンチオークの香り。
口に含むとシルキーな口当たりで、やがてビロードのようになめらかな味わいが広がる。
ボディはしっかりしているが柔らかでエレガントなタンニンを併せ持つ。後味の風味はカシス、 カラメル、ハチミツ、フレンチオークの繊細な香りが余韻として心地よい。
ルビーポートとペドロヒメネス両方を思わせる味わいや雰囲気を持っていて食後酒に最適。

フレンチレストランには特におすすめ。

※珍陀酒(織田信長が初めて飲んだワイン)はポルトガルワインと言われているがコレかもしれない??)
アルコール度数 15.0%
飲み頃温度
合う料理
ルビーポートとペドロヒメネス両方を思わせる味わいや雰囲気を持っていて食後酒に最適。
フレンチレストランには特におすすめ。

ロックフォールやスティルトンのような味わいの上品で濃厚なブルーチーズ、チョコレートのデザート。アイスクリーム、シナモンなど甘い風味のパウンドケーキ(パンデピス)チェリーパイ、イチジクのデザート
評価
TINTILLA DE ROTA

この商品についてのレビュー

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ