会員登録/修正

2021年 07月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
休業日(土日祝祭日)は確認メール等のメール配信及び配送業務はお休みです
2021年 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
 

トップ > 赤ワイン > しっかりした果実味【フルボディ】 > ウニコ [2006] ベガ・シシリア 750ml [スペイン産赤ワイン/フルボディ/リベラ・デル・デュエロ/ティントフィノ/unico]
価格で探す > 赤ワイン > 10,000円以上 > ウニコ [2006] ベガ・シシリア 750ml [スペイン産赤ワイン/フルボディ/リベラ・デル・デュエロ/ティントフィノ/unico]
国別で探す > スペイン > リベラ・デル・デュエロやトロを含む内陸部地方 > リベラ・デル・デュエロ > ベガ・シシリア > ウニコ [2006] ベガ・シシリア 750ml [スペイン産赤ワイン/フルボディ/リベラ・デル・デュエロ/ティントフィノ/unico]

ベガ シシリア/VEGA-SICILIA


べガシシリアといえばワイン造り。テンプラニーリョとカベルネ・ソーヴィニヨンの持ち味が様々な割合で完璧にブレンドされているワイン。その持ち味の一つひとつが、ヴィンテージごとに、偉大なワインに仕上げる差別化要素をもたらしています。

ブドウは、荒地や沖積平野を下った斜面同士が接する場所で栽培されています。表土は、斜面が崩れて堆積した崩積土に石灰岩の小さなかけらが混入して形成され、深層部には、砂質の基盤上に珪岩の礫が多く見られます。また、土地の表面には石灰岩の角ばった小石がたくさんあります。

木製タンクで、温度を管理しながら土着酵母を使って発酵される赤ワイン。マロラクティック発酵も木製タンクで行っています。


発酵後、熟成へと移りますが、木樽とボトルでほぼ10年かけて熟成させる、赤ワインではおそらく世界一長い熟成期間でしょう。さまざまなタイプの樽での各種段階を経て熟成。フランス産やアメリカ産の木樽、225リットルの新樽や古樽、2万リットルのタンク......ロットの一つひとつには、木の種類や各容器での貯蔵期間が指定されています。


木樽での工程を経て、ボトルでさらに熟成させ、複雑かつ長期にわたる熟成工程が終了。通常の条件であれば、木樽で6年間、ボトルで3年間熟成させます。


ワイン造りを導いた基本路線を追求し、醸造に関与する各種要素が次第に形成され、路線に合わせて変化していきます。ウニコは明確に定義されているスタイル、誰にも真似できない個性やスタイルに忠実であり続けます。それは、エレガントさ、堅固さ、熟成力......時代を超えたユニークな味わい。この味わいが、ウニコを上流階級に親しまれる偉大な古典的ワインに高めています。

一口ごとに少しずつ広がる無限の複雑さが楽しめ、喉ごしは非常になめらかでエレガント、しかも世界で極わずかのワインだけが到達できる熟成力を備えています。





待ちに待ったウニコの2006ビンテージ入荷しました。
ブドウの樹齢も土着のティント・フィノ最高状態の樹齢35年です!

ロバートパーカー高評価の98点!!

かってスーパー・スパニッシュと言われた高品質のスペインワインは
プリオラート、リオハ、リベラ・デル・デュエロの3か所のトップクラスのワインです。

そのうちリベラ・デル・デュエロの地が注目されるようになったのはベガ・シシリアの存在があったからです。

1990年前後はデュエロ河に沿ったワイン産地にはブドウ畑はぽつんとあるだけで枯れ果てた世界でした。
90年代に入ると開発され始めました。

18世紀末にスタートしたベガ・シシリアはボルドーで学んだ時に持ち帰ったボルドー品種でワインを作り始めました。
マドリッドや海外に輸出され1900年代にはロンドンでも知られていました。

この地では当時、ロゼやシェリータイプのワインが造られていたので赤ワインの産地とは認知されていず、ベガ・シシリアが登場したことでペスケーラ等のボデガも本腰を入れて赤ワインを造り一躍有名になり周囲の人々もこの地の可能性に気づききちんとしたワイン造りに目覚めるボデガも増え、大手資本も進出してきました。

大陸性気候で厳しい環境で育つことができるのは地元の呼び名ティント・フィノ(テンプラニーリョと同)かリオハから導入されたテンプラニーリョです。
ティント・フィノは長い間にこの地で育ち独自の個性を身に着けたものでリオハと比べると粒がより小さく皮が厚いです。

厳しい環境で温度差も大きいのでより果実味が凝縮されたワインができると地元のボデガは言います。
急速に開発されたこともあり地元のティント・フィノの苗は限られており結局は地元で供給できずリオハのテンプラニーリョの苗を持ち込み植えてきました。
それは粒が大きく皮も薄いので出来上がるワインの風味は異なりリベラ・デル・デュエロの凝縮感を持たないと地元生産者は憂いていました。


公式には同じ品種と認められているので持ち込みを阻止することは出来ませんでした。
この土地の価格はどんどん上がり地元の人は嘆き拡大も不可能になり、トロ地域に食指を伸ばす人たちが増えました。

もうこの地でベガシシリアのワインを上回るものは出来ないでしょう。

ウニコ [2006] ベガ・シシリア 750ml [スペイン産赤ワイン/フルボディ/リベラ・デル・デュエロ/ティントフィノ/unico]

商品コード : 500313
価格 : 85,800円(税込)
ポイント : 858
数量
 

7,700円(税込)以上は送料無料(北海道・沖縄・離島へのお届け以外)

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
ウニコ 2006
産地 スペイン
地域 リベラ・デル・デュエロ
生産者 べガシシリア VEGA-SICILIA
ぶどう品種 ティントフィノ94%、カベルネソーヴィニヨン6%
気候・土壌 ブドウ園の表面積 210ヘクタール
植栽密度 2.222植物/ ha
高度 700メートル
産出 3.600 kg / ha
収穫 12kgのケースで厳選
2006年のブドウ園サイクル
冬は特に寒く、2月末には冬の霜、頻繁な雨や雪が降りました。気温の上昇により、4月の第3週に出芽が起こりました。

春は通常の降雨量を記録しましたが、異常に高い気温のため、4月の第1週に雨が降りました。5月下旬から6月上旬にかけて寒い夜がありましたが、幸い工場に大きな被害はありませんでした。

6月中ずっと高温が続き、早咲きになりました。夏は普通で、8月の第2週に出芽が始まりました。8月の最後の2週間と9月の最初の週の高温は、9月9日の収穫を開始して、いくつかの区画で早期の成熟を引き起こしました。9月中旬のにわか雨は残りの収穫を遅らせ、バランスの取れた熟度と途方もない正気に達しました。
平均樹齢 平均年齢 35年
醸造・熟成 2000年9月20日から25日までの間に収穫。30日間の発酵および発酵後の浸軟。
300Lのフレンチオークで品種別に24ヶ月熟成。

3600本ボトリング
味わい これらのワインは今すぐ飲む準備ができていますが、直射日光から保護された60%の相対湿度、一定温度で最適な条件(12〜14?C)に保たれると、約40〜60年間保管される可能性があります。
アルコール度数 14%
飲み頃温度
合う料理
18℃
評価
UNICO

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません

ページトップへ